Xml readystate error

からの応答には送信したリクエストに対して期待している応答がある場合と、 例えば 指定したURLが間違っていたなどの理由でエラーだけが帰ってくる場合があります。. onreadystatechange = function( ) { if ( request. Your code is hitting the else block on readyState = = 2 ( headers received) and assuming that is an error status when it' s not. そして、 onreadystatechange は readyState 属性が変更されるたびに 呼び出されたイベントハンドラを返す. しかし、 エラーなのに error でなく load が 呼ばれることがあるそうで、 loadend イベントならまとめて拾えるらしい. XHR を使うとサーバから受信済みの web ページから、 さらにサーバへ通信リクエストを 送ることができるようになる. onreadystatechange, readyState の値が 変わるたびに、 自動的に呼ばれる関数( または関数名) を格納します. onreadystatechange; onloadstart; onprogress; onloadend; onload; onerror; onabort; ontimeout. 制約に引っかかった場合やネットワーク接続ができない場合など 、 サーバーとの接続ができなかった場合にerrorとなるようです. var xhr = new XMLHttpRequest( ) ; xhr. open( " GET", " / bar/ foo. txt", true) ; xhr. onload = function ( e) { if ( xhr.

  • Cara mengatasi runtime error 70 pada game onet
  • Windows 10 rx 480 code 43
  • Error biohd 8 windows 7
  • Itunes error the specified account already exists


  • Video:Error readystate

    Readystate error

    readyState = = = 4) { if ( xhr. status = = = 200) { console. responseText) ; } else { console. statusText) ; } } }. そこで、 このonreadystatechangeイベントをイベントハンドラとして使用し、 readyState プロパティの戻り値が4( データ受信完了). case 404: case " Not Found" : s+ = " ファイルなし" ; break; case 500: case " Internal Server Error" : s+ = " サーバー内部 エラー" ;. readyState プロパティは XMLHttpRequest クライアントの状態を 返します。 XHR クライアントは次の状態のいずれかをとります:. XMLHttpRequestで、 readyState = = = 4 となる、 HTTPステータスコードを教えて ください・ 403エラーや、 404エラーは、 ここ. ですから、 すべてのHTTPステータスコード に対してreadyStateは全レスポンスの受信を完了した時点で4になります。. var oXHR = new XMLHttpRequest( ) ; oXHR. open( " GET", mozilla. org/ ", true) ; oXHR. onreadystatechange = function ( oEvent) { if ( oXHR.

    readyState = = = 4) { if ( oXHR.